きょうのナナバン

140字以上のあれやこれ。

チリコンカンとちりとてちんは語感がかわいい

スパゲッティーのトマトソースを思い浮かべるとき、僕は真っ先にミートソースと出くわす。最初の村人みたいに、彼はいつもそこにいる。それから思考の回廊をしばらく進むと、ナポリタンが出てくる。旧友のような顔をして。しかし僕はどちらもあまり好きではない。ナポリタンを懐かしいと思ったことは一度もない。はじめて行く喫茶店の内装が、昭和の気配を漂わせていると懐かしさを覚える程度には昭和に片足を残して生まれてきたけれど、喫茶店ナポリタンを食べようとは微塵も思いつかない。子どものころ、道ばたでレモネードを売らなかったように、僕にはナポリタンの記憶が欠片もない。

「ケチャップ的」な味が苦手なのかもしれない。殊に火の通ったケチャップ味が。何となく必要な気がして冷蔵庫にケチャップは置いてあるものの、正直いつのものかわからない。なかなか減らない。完全に冷蔵庫の彩り要員である。

最近はダイエットをしているので昼ごはんはサラダ中心なのだけど、毎日だと飽きるから時折スパゲッティーを食べる。袋麺のインスタントラーメンみたいな感覚で、市販のパスタソースを掛けるだけの手軽な食べ方をする。

たまのことなのでちょっとくらい値段が張るのは気にしない。100グラムの麺でしっかり満足感を得られる味がいい。スーパーマーケットでいつでも買えると便利だ。というのでいろいろ試した結果、創味食品の「ハコネーゼ」シリーズがいまのところパスタソースランキング(俺調べ)上位を占めている。

このまえボロネーゼを食べたら「やはりトマト味のスパゲッティーは好きじゃないな」と思った。ところが「焦がしにんにくの完熟トマトソース」を食べたらとてもおいしかった。残ったソースをスプーンですくって食べた。

考えてみると、僕は生のトマトもブイヤベースもラタトゥイユも好きだった。トマト缶もよく買ってきて使う。

そんなことを考えていたせいか、きのうは夕飯にチリコンカンを作った。冷蔵庫にささやかな彩りをもたらせていたケチャップも入れた。なかなかいい味に仕上がった。

好きと嫌いは、けっこう近い。